2008年03月20日

レーシックとは

レーシックは、レーザーを角膜に照射し、屈折力を変えることで近視や遠視、乱視を矯正する視力回復手術です。
眼鏡やコンタクトレンズに代わって、第三の選択肢として広く普及しつつあり、両眼で10分程度の短時間の手術で視力が回復するなどのメリットが挙げられます。
ほとんど痛みがなく、欧米ではすでに数百万人以上がレーシックを受けており、日本国内でも増加しつづけています。
レーシックの仕組みは、メガネやコンタクトレンズと同じように、網膜に焦点が結ぶように光の屈折率を変えてする方法で、角膜の形状を修正することによって、視力そのものを回復させる治療です。

【関連する記事】
posted by スペースキッズ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。